2019新技術・新製品賞募集(2019.04.24)

「粉体粉末冶金協会新技術・新製品賞」の募集

 当協会では,粉体粉末冶金に関して独創的な新技術・新製品の開発,測定技術の開発および製品改良を行ったもので,当協会誌「粉体および粉末冶金『新技術・新製品』欄に掲載された記事の中から「粉体粉末冶金協会新技術・新製品賞」を授与します.

 本年度も下記の募集要項にて投稿を募集します.昨年度までは9月末までに投稿を頂くよう応募期間を設けておりましたが,今年度より応募締切期日を設けず,1年間いつでもご投稿を頂けるようになりました.今年発行の1月号~12月号の『新技術・新製品』欄に投稿頂いた記事が2019年度『新技術・新製品賞』の対象となります.
 
 本記事は,刷り上がり3頁以内で,英文アブストラクトは不要です.査読審査は行いますが,研究論文,研究速報とは違い,各社の新技術,新製品のPRを全面に出して頂いて結構です.その他執筆要領は「粉体および粉末冶金」執筆要領に準じます.
 
 また,『新技術・新製品』欄掲載の記事には下記特典を設けております.
   (1) 新技術・新製品賞受賞者の方には,受賞翌年度発行の会誌第6号に当該受賞に関する記事の広告前付1枚を無料で掲載することができる.
      広告ページは,当該技術・製品のより詳細な説明や写真等によりPR等自由に使用できる.<過去掲載の広告例>​​​
   (2) J-StageのOnline-Journal登載につき,基本6か月は会員のみがアクセス可能となるが,新技術・新製品欄の投稿記事は,アクセス制限
      を掛けず,無料でオープンアクセスとする.

 
 歴代『新技術・新製品賞』受賞一覧はこちらをご覧ください.
 是非,広告同様に技術,製品のPRとしてご活用頂きたく存じます.新技術・新製品賞への多くの応募をお待ちしております.

募 集 要 項

1. 対象業績
 (1) 協会誌「粉体および粉末冶金」第66巻“新技術・新製品”に掲載された投稿記事を対象とする.
 (2) 粉体粉末冶金に関する分野における独創的な新技術(製造・測定・評価を含む)・新製品の開発および製品改良で実用に供されているもの.
 (3) 生産実績その他本賞にふさわしい実績を有するもの.

2. 応募条件
 (1) 当協会特別会員および維持会員の所属員又は,受賞時点において正会員である者.
 (2) 1件につき5名以内のグループまたは個人.
3. 選考
 受賞の選考は,理事会で選任した選考委員からなる選考委員会が行う.

4. 授賞
 授賞は,当協会定時社員総会において行う.受賞者には,賞牌を授与する.
 また,特に優秀と認められるものに対し「新技術・新製品賞(優秀賞) 」を授与する.

5. 応募方法
 (1) 応募者は,次の内容をまとめた記事(技術・製品の写真を含む)を「粉体および粉末冶金」に投稿する.
  ⅰ)開発の背景,目的
  ⅱ)技術内容,特徴
  ⅲ)用途,適用範囲,生産実績等
  ⅳ)今後の展開
  ⅴ)特許(公開番号,特許番号等を明示)
  ⅵ)その他
   既に同様の内容で当協会その他の機関からの賞を受賞したものである場合は,当該受賞時からの展開の経過を明示する.

 (2) 応募記事は,編集委員会の査読を経て「粉体および粉末冶金」に掲載される.
 (3) 応募記事の原稿作成は,「粉体および粉末冶金」投稿規程ならびに執筆要領に準ずるが,Abstract(英文・和訳)は不要とする.
 (4) 掲載ページ数は,刷り上り3ページ以内とし,掲載に当たっては下記の掲載料を負担するものとする.
   (100部の別刷またはPDFファイルを受け取ることができる.)
  ただし,維持会員,特別会員は口数によって次の通りとする.
   維持会員・特別会員以外            162,000円
   維持会員・特別会員         1口  129,600円
               2口以上4口以下 108,000円
                  5口以上   86,400円

6.応募原稿投稿先
   《当協会Editorial Managerサイト》


7.執筆に関する問合先
  〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所内
  一般社団法人 粉体粉末冶金協会
     TEL 075-721-3650
     E-mail  journal(atto)jspm.or.jp

 

Top